トップ > 神内ファーム21より > 神内マンゴーの特徴

神内マンゴーの特徴

南国果実を北海道で作る。そんな「非常識」な挑戦が、糖度・色・ツヤ・大きさ・形に優れた「神内マンゴー」を生み出しました。

神内ファーム21の独自製法「天使の眠り」 通常、マンゴーは開花してから約120日で自然落果しますが、神内ファーム21ではさらに約10日ほど樹上で熟成させ、完熟してから落果するように育てています。この「天使の眠り」こそ、とろけるような甘い香りを放つ超熟マンゴーを育てる秘訣です。

南国果実に最適な生育環境 神内マンゴーは、22棟の特殊なハウスで育てられています。北海道の涼しい気温と肥沃な大地、そしてコンピュータの 環境制御システムなどにより、南国果実に最適な生育環境を実現しているのです。

「神内マンゴー」は選び抜かれた極上品 色 ツヤ 大きさ 形

北海道でマンゴーを作っている理由

大人気の“北海道の南国フルーツ”「神内マンゴー」。
全国からご注文をいただく、人気の秘訣とは?

「神内マンゴー」、人気と美味しさ3つの秘密

樹上完熟 樹上で完熟してから収穫・発送!美味しさが違います!
1.北海道浦臼町の「大自然」が育む。

豊かな自然と空気、清らかな水、やさしい太陽光と「涼夏熟成」という素晴しい自然環境を味方をつけることによって、北海道の大地でも甘く美味しい南国フルーツ・マンゴーを作り上げることができます。

2.「温度管理」を徹底、気候の変化に打ち勝つ。

北海道の厳しい気候に打ち勝つため、「2重フィルムハウス」「陽光温室」「人工光温室」「栽培管理室」「育成室」などを備え、24時間365日、徹底した温度管理をしています。

3.「涼夏熟成」でゆっくり栽培・熟成。

北海道ならではの涼夏熟成で栽培期間が長いため、糖度が高く繊維質の少ない香り高いマンゴーが出来上がります。 さらに「神内マンゴー」はやさしくネットに受け止められた"完熟落果"。美味しい食べごろの状態でお届けします。

トップ > 神内ファーム21より > 神内マンゴーの特徴

ログイン

神内和牛あかを探す

  • ステーキ
  • すき焼き
  • 焼き肉
  • しゃぶしゃぶ
  • 切り落とし、その他
  • 加工品

マンゴーを探す

  • 神内マンゴー
  • マンゴー菓子

ギフトを探す

ご予算で探す

お買い物ガイド

美味しい解凍の仕方

神内ファーム21はカマタマーレ讃岐を
応援しています!カマタマーレ讃岐

神内ファーム21公式Facebookアカウント

神内ファーム21 TVCM

ページトップへ戻る