トップ > 神内ファーム21より > 神内和牛あかの特徴

神内和牛あかの特徴

ジューシーで上品な味わいが魅力の「神内和牛あか」。美味しさの秘密は、のびのびと育てる飼育法にありました。

大自然の中で自由に育てられた「神内和牛あか」は“牛肉本来の味わい”が特長です。 ヘルシー 大自然の中で思う存分運動しながらストレスなく育つため、ヘルシーで旨みが強い赤身になります。 ジューシー 適度に含まれる脂肪分がバランスの良い美味しさを生み出し、柔らかく味わい深い食感を与えてくれます。

脂肪が少なく、旨みが豊富。“牛肉本来の味わい”を持つ「神内和牛あか」をぜひご賞味ください。

牛肉のトレーサビリティ

ご購入いただきました牛肉に表示された個体識別番号を入力することで、その牛の品種や、 いつ・どこで生まれ、育てられ、食肉処理されたかなどの情報を見ることができます。

★下記ホームページでお買い上げの商品の生産履歴が分かります。

あか毛和牛ナビ

耳標装着

国内で生まれたすべての牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。

届出と牛のデータベース化

酪農家や肉用牛農家などの届出に基づき、個体識別番号によって、その牛の性別や黒毛和種などの種別に加え、出生から屠畜までの飼養地などがデータベースに記録されます。

番号表示と取引の記録

屠畜され牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していく過程で、その取引に関わる業者などにより、個体識別番号またはロット番号(※1)が表示され、取引が帳簿に記録・保存されます。

生産流通履歴の把握

牛の出生から消費者に届くまでの間の追跡と、販売されている精肉(※2)などから、牛の出生までの遡及、つまり生産流通履歴の把握(牛肉のトレーサビリティ)が可能となります。

※1 食肉加工業者などが設定する番号です。ロット番号を表示する場合には、対応する個体識別番号の問い合わせ先をあわせて表示することになっています。
※2 ひき肉やこま切れ、タンやホルモン、加工品などはのぞきます。

「神内和牛あか」は放射性物質検査を全頭実施

「神内和牛あか」は全頭放射線検査済みで出荷されています。

■安全性のポイント
・北海道で生産された粗飼料で飼育
・大自然の中での親子放牧
・厳しい検査をパスした牛のみを出荷

トップ > 神内ファーム21より > 神内和牛あかの特徴

ログイン

神内和牛あかを探す

  • ステーキ
  • すき焼き
  • 焼き肉
  • しゃぶしゃぶ
  • 切り落とし、その他
  • 加工品

マンゴーを探す

  • 神内マンゴー
  • マンゴー菓子

ギフトを探す

ご予算で探す

お買い物ガイド

美味しい解凍の仕方

神内ファーム21はカマタマーレ讃岐を
応援しています!カマタマーレ讃岐

神内ファーム21公式Facebookアカウント

神内ファーム21 TVCM

ページトップへ戻る